ヨシキがレコーディング!?、手術後の状態は?

YOSHIKI_TOP.jpe
Xジャパンのリーダ、ヨシキ(YOSHIKI)がレコーディングしていました。これって普段ならミュージシャンなので普通なんですが、渡米先で大手術を終えた直後なんで驚きですよね。この記事では、ヨシキ(YOSHIKI)のレコーディング経緯や、手術後の状態などあれこれ書いていきます!手術後の状態は・・・



ヨシキ(YOSHIKI)レコーディング!?



ヨシキがですが、すごく難しいといわれる手術をした直後、

全身麻酔からの覚醒後すぐ医師に直談判して、

レコーディング作業をしたそうです。

手術術後数時間で

医師に直談判できる回復力は

半端ないですね。

なんでも、手術前日まで書いていた曲の

レコーディング作業をしたいという事で、

退院したその足でスタジオへ行って、

レコーディングに取り掛かったようです。

実際は、30分ほど作業はしたものの、

手術術すぐはやはり体調の負担があり終了。

同行のスタッフやナースの説得もあって、

今は自宅に戻って、静養したんだそうです。

これがミュージシャンあるあるの、

「曲がふってきた」

ということなんでしょうか。

ミュージシャン魂に敬服です!

スポンサーリンク




ヨシキの手術後の状態



現在は医師のゆう事を聞いて、

医師の管理のもとに静養中だそうです。

この手術の後は、

声を発する事が困難な状態がしばらく続くそうで、

時間の経過と共に、本来の声を少しずつ取り戻すようです。

医師の管理に従っているので、
順調に回復に向かっているということではないでしょうかね。

無理せず、今は静養してくださいね。ヨシキさん!

まとめ



ヨシキがレコーディングしたことから、

手術後の状態を記事にしてみましたが、

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

「頸椎の人工椎間板置換術」という

人工関節置換の種類にあたる手術をしたヨシキ。

この手術ですが、医師の高度な技術がともなうことから、

日本では一般的にはやらない手術だったようです。

手術前のヨシキの体はアスリートでは

即引退レベルの症状だったので、

じっくり静養してほしいと願っています。

ヨシキさん、お大事に。