ガッテン。シャツの黄ばみの取り方は簡単!11/1放送|NHK

ガッテンではシャツの黄ばみの取り方を簡単に解説してくれます!

ガッテン!で紹介されるシャツの黄ばみの取り方は?・・気になりますよね。

この記事ではガッテンで特集される黄ばみの取り方について記事にしています。

スポンサードリンク




ガッテン。シャツの黄ばみ。取り方。簡単



シャツの黄ばみには悩まされますね。

今すぐ実践できるレベルの簡単な取り方なので紹介します!

シャツの黄ばみの取り方は簡単!ということで、

ガッテンで紹介される方法を先取り?で紹介させて頂きます。

家にある洗剤で対応できます。

◆準備物リスト

・40度ぐらいの温かいお湯(バケツではなくてOK)

・歯ブラシ(100均の掃除用ブラシでもよいです)

・食器洗い用の中性洗剤

食器洗剤には中性洗剤が多いので、

襟汚れが残る主な原因の「皮脂」が酸化してしまったものを、

しっかり分解してくれて落とす作用がります。


◆黄ばみの取り方

取り方は非常に簡単でやりやすい(笑)

誰でもほんとにできちゃいます!

1.食器用洗剤を歯ブラシに浸します。

2.襟の汚れ部分をその歯ブラシで直接こすります。

3.あとは、ぬるま湯の中で濯ぐだけ。

取り方は簡単ですね。


ガッテン。シャツの黄ばみ。原因は?



服の襟元や袖口に現れる「黄ばみ」。

ちゃんと洗濯しているのに、なぜ黄ばむのか?と悩みますね。

原因は、繊維の奥に残った「皮脂」だったんんです。

この「皮脂」が酸化して、黄ばみに変化します。

こうなってしまうとどうしようもなくなります。

よし、クリーニングに出して解決!

と思いきや、クリーニング後のシャツを着ても、

「やっぱり黄ばんでしまった・・」

という経験ありますよね。

この現象ですが、

繊維の中に「汗の成分」がそのまま残っているんですね。

結局、

時間が経つと酸化 ⇒ 黄ばむ

ということになってしまいます。

クリーニングから戻ってきたときはキレイなのに、

いざ着る時に、シミや黄ばみが浮いている!?というのは、

この理由からになります。

ちなみに、ドライクリーニングのドライの意味わかりますか。

番組で「ドライクリーニング」を紹介していました。

このドライ=「油」ということです。

クリーニングでは黄ばみを完全には除去できません!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




洗濯の達人の黄ばみ対策



洗濯の達人が驚きの方法で黄ばみ対策をしました。

ドライクリーニングから持ち帰った服をもう一度洗濯機に入れてしまいました。

たんぱく質と油分を取り除けるので、3か月程は黄ばみが防止できます。

たったこれだけなんです。

たんぱく質の上に皮脂がかぶっているので、

ドライクリーニングで、皮脂をとって、

たんぱく質を洗濯機で取るという理由になります。

これは、クリーニング屋さんでも、ドライクリーニングと水洗いをセットでしてくれるそうですが、

すこし高くなりそうですね。

まとめ



この記事では、黄ばみを簡単に落とす方法を紹介しました。

ガッテンで紹介された方法はオンエア後更新しますが、
※この方法です。

ガッテンで紹介された方法


▼やり方

・台所用洗剤(濃縮タイプ):大さじ1

・酸素系漂白祭(粉)大さじ半分

を湯呑の大きなもの位の器にいれて

そのあと、

・水 大さじ2

を入れてまぜます。


それを汚れているところに、
塗りこんでいきます。

結構たっぷり気味で大丈夫です。

あとは、歯ブラシでよくしみこませます。

そのあと、1分程放置しておきます。

そのまま、洗濯機で洗濯するでもOKですし、

この状態ですすいでもOK。

の方法でした。

今回紹介した方法でも黄ばみが取れますので、

是非参考にしてくださいね。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連商品


薄く塗るだけで十分効果を発揮するので、コスパが良い商品でよく売れています。

一度使ってしまうと、もう絶対手放せない商品の紹介です。



⇒送料無料!テカリ防止クリーム・皮脂吸収「オイルブロッカーEX 2個組」メンズコスメ・男性用化粧品の詳細はこちらから