篠原友希子(ゆきこ)が脱いでる!共食いで大胆演技が妖艶過ぎる画像あり。

篠原友希子(ゆきこ)が2013年に公開された映画「共食い」で脱いでる!と話題になりました。この映画での篠原友希子(ゆきこ)は大胆演技で妖艶過ぎです。

この記事では、篠原友希子(ゆきこ)が脱いでる!と話題だった「共食い」の紹介と大胆演技の一部を紹介します!妖艶過ぎる演技にも注目ですよ!

スポンサードリンク




篠原友希子(ゆきこ)が脱いでる!共食いで大胆演技が妖艶過ぎる。





篠原友希子(ゆきこ)が出演した「共食い」。

映画タイトルから想像するに、一瞬ホラー映画かと思ってしまいますよね。

よくよく見てみたらホラーとは全く違いますね。

この映画は2013年に公開されました。

この映画のキャストも今となっては大人気俳優「菅田将暉」さんが主演ですよ。

恐いのは怖いですが・・・

YouTubeでも予告編が出ているので、まずはご覧ください。



どうでしたか?

菅田将暉も若い!

篠原さんですが、主人公の遠間を演じた「菅田将暉」さんの父親、

円「光石研」さんの愛人役を大胆に演じました。

円から暴力を受けながらも、遠間と3人で暮らしているという背景。

戦後のとある田舎町を舞台にして、人間の性と暴力が静かに描かれている映画として、

当時はかなりインパクトのある映画でざわついていました。

U-NEXT

>レンタルショップへ行くことが面倒ですよね。「共食い」をトライアルでお得に視聴するにはこちら【映画】

スポンサードリンク




共食いのストーリーは?




<あらすじ>
昭和63年の夏。遠馬は、17歳の男子高校生。父の円と父の愛人の琴子(篠原友希子(ゆきこ))と三人で、川辺の一軒家に暮らしている。

円との交のたびに殴られたり首を絞められたりするせいで、琴子の顔には痣ができる。

その現場を見ていた遠馬は、円の血をひく自分も恋人の千種(木下美咲)に同じことをするのではないかと恐れている。

円が夏祭りの準備のため外出していたある日、琴子は自分が妊娠していることを遠馬に告げる。円の子だという。不機嫌になった遠馬は神社で千種を押し倒し、嫌がる彼女の首を絞めてしまう。

それ以来、千種は遠馬と会おうとしなくなる。琴子は、近いうちに家を出ていくつもりだと遠馬に伝える。夏祭り当日、円が家に帰ってくる。

円は、遠馬がアパートの女と交るときに暴力をふるったことを喜んでいる。

遠馬は、家を出て行った琴子がもう戻ってこないことを円に教える。雨の中、円は琴子を探しに行く。しばらくして、泣きじゃくった近所の子供たちが遠馬を訪ねてくる。

異変を感じた彼が神社へ向かうと、そこには千種が傷だらけで横たわっていた・・・

篠原友希子(ゆきこ)さんがこの映画で、

第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞

を受賞しました!

『共喰い』 では、光石研さんがやりすぎという声もありましたが、

良い意味で原作が純文学ですから、インパクトを強く出したんでしょうね。

スポンサードリンク




篠原友希子(ゆきこ)の大胆演技が妖艶過ぎる。


しっかりと見てもらうことができませんが、この体当たりの演技はスゴイです!

キャプチャ2.JPG


キャプチャ3.JPG



『共喰い』の注目は篠原友希子(ゆきこ)と木下美咲という、これまで全く知らなかった2人の女優。

特に篠原友希子(ゆきこ)の醸し出す雰囲気は独特の素晴らしさについては賛否両論ありましたが、

個人的には色んな解釈ができそうな映画であると思いますので、是非一度見て欲しいなと思いますね。

篠原ゆき子さんの演技物凄かった。この一言に尽きます。

越えてはいけない一線を越えてまで彼女が手にしたい愛とは何だったのか・・・
「共食い」をトライアル期間でお得に視聴!こちらからどうぞ【映画】


まとめ




現在出演中のドラマでの演技がすごく感動したと、普段の20倍以上のコメントが殺到している女優の篠原ゆき子さん。

2013年には芸名を、以前は本名の「篠原 友希子」を芸名にしていましたが、

「篠原 ゆきこ」に変更しています。

女優として人気急上昇中の「篠原 友希子(ゆきこ)」さんはこれからも注目ですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

関連記事


⇒篠崎愛。ヌーディーの画像は限界寸前![画像あり]